小林四明先生の書より
『我が法象学は、吉方位を運営し、吉相家屋を建設して住居すれば、全く正しい金銭物質の容易に獲得できる自然の哲学を発見した。

法象学は、多年の研鑽を重ねて、自然科学と方位家相との真理が同一なものである事を発見して、これを累年多数の人々の生活に用いた結果、自然科学が循環する法則通りに、吉凶禍福の現象する事を知る事ができた。

即ち、吉方位を使用し、又は、吉相家屋に住居する者は吉福を、
凶方位を使用し、又、凶相家屋に住所するものは凶災を、循環律上の確定期日において必ず現象するのである。

今日までに伝承された易や方位や家相や、すなわち十干、干支、九星を体系付けた物である。』と、
記されています。

生年月日からご自身の吉方位を取り、吉家相の家屋に住む事で、
短期間で成就させる、それが法象学です。